ボーディングスクールの名門校!ル・ロゼ

数あるボーディングスクールの中でも特に高い人気を誇っているのがスイスの代表的なボーディングスクールであるル・ロゼです。

ル・ロゼが毎年300から350の志願者が来るほど突出した人気がありますが生徒の国籍や年齢が偏らないように受験の際に年齢や国際が重視されているのが特徴として挙げられます。



そのため国籍が偏るのが嫌だ、日本人が多いのが嫌だと考えている方にはおすすめの学校です。


9年生になると英語、フランス語のセクションに分かれて英語部の生徒はIB取得に向けて勉強を始めます。

卒業生の多くは名門の大学に進学をしており勉強にとても力を入れています。

このサイトで日本経済新聞を手軽に利用してみませんか?

ル・ロゼの生徒はレマン湖畔のロールにある広大な荘園風のキャンパスを利用しており2014年に出来た多目的施設「カーナル・ホール」で最新の設備に囲まれて学業、スポーツ、芸術活動を行っています。


冬になるとウインターリゾートとして有名なドイツ語圏のグシュタード・キャンパスに全校が移動をしてウインタースポーツを楽しむことが出来ます。



1年に2つのキャンパスで生活をすることが出来るのはこの学校の大きな特徴として挙げられます。
このように数多くあるボーディングスクールの中でもル・ロゼは際立った存在で高級感のある校舎に憧れて入学を希望している学生がたくさんいます。入学をするのは非常に困難ですが設備が整っており教育にも文化活動にも力を入れているのでボーディングスクールへ進学をすることを考えている方にはおすすめの学校です。